もんじゃ部


第15回 くみ(西大井) 2005/10/17 mon ★★

マリーンズが優勝した夜の聞き間違え満載の日
e0047649_19583336.jpg



なんとなく月島へ行くのがかったるい気分であったので
会社のある品川に近いもんじゃ屋を探した。
なんとか探しだすと、西大井駅の裏にあるらしい。
実際に行くと一駅といえどちょっと遠かったのだけど
駅の裏にはすぐにその店はあった。

【メモ】
・牛若×牛若
・汁が白い。味つけを自分でする必要があったのだ。
 ミルクのように白い汁。
 焼いてみてから気が付いて醤油などを入れた。
・鉄板は、カスを落とすところが無いタイプ。
・皿は、文字屋と同じ、オタフクソースブランド
・鉄板がやたら熱い。ヘラで焼く時も手が熱かった。
・「きりいか」の正体がはじめてわかる。
 いかもんじゃとどう違うのかと思っていたけど、
 きりいかは、素もんにもよく乗っている、定番の乾き物だったのだ。
・お好み焼きは、足が出なかった。
・ソースは、種類がいっぱいあった。普通の「ソース」の他に、
 激辛ソース、ピリカラソース、甘いソース がある。
・「ギョウザ天」が、ここではゆるくない。
・万能ねぎが入っているのかと思ったら、ニラだった。
・ナオヤさんが初めてもんじゃをほめる。
 「パリパリになった頃がうまい。」と。
・薄味のせいか、素材の味がよくわかる。

・生ビールは、やっていなかった。
 でもこの日から、もんじゃのときは瓶ビール派になる。
・ビール瓶がなんだか細長いことに気が付く。(ちなみにキリン)
 500mlのせいもあるけど、絶対他ブランド(というかアサヒ)に比べて絶対に細長い。

・千葉ロッテ優勝の瞬間に立ち会う。
 ちょうどその瞬間に、はやっしーはお好みの具を出す。
・このときのお好み焼は「マリーンドリーム」と命名。

言葉がうまく使えない日であった。聞き間違えなど多数。
・「松岡しゅうじょう」と言ってしまう。
 そして、奥さんは菊池桃子かどうかで議論になる。
 菊池桃子の旦那は、羽生だとか武豊だとか?結論が出ない。
・会社のドアを開けようとしたら「べんじょ!」と言って付いてきたのかと思ったら
 「びんじょう!」だったそうだ。
・ナオヤさんは「酢好き」なんだそうだ。
 酢好き→鈴木、ということらしい?
・店のポスター「ぐりぐりもんじゃ」かと思ったら「ぐつぐつもんじゃ」だった。
最後に店を出るとき、会計を済ませたあと、
「あの、名刺とかありますか」と言うと、店のおばさんは
「梅酒なら、これとか、、」と、梅酒を造っているビンをさして言う。
なんで店出るときになって梅酒の確認をするっていうのだ。
今日は確かに聞き間違えなど、言葉がうまくできない日だったけど、
こんなトドメがさされるとは思わなかった。脱力。
e0047649_18591112.jpg


【参加者】
やがたん
はやっしー
ナオヤさん

【本日の教訓】
 ●薄味は、素材の味がわかりやすい


【本日の注文】
 1.切りイカもんじゃ
 2.ねぎ天
 3.ギョウザ天

 飲み物(3人で)
  瓶ビール(キリン)
  コーラ
  ウーロン茶
  トマトジュース

 合計:\3,700くらい

------------------------------
くみ
 品川区西大井6-7-1
 TEL:03-3777-1743
 営業時間: 17:00~23:00
------------------------------
[PR]
by monjyabu | 2005-10-17 17:50 | ★★

<< 第16回 蔵 2005/10/...      第14回 麦 2005/10/... >>

もんじゃを食べまくり、もんじゃの真髄を追求する,部活
by monjyabu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31