もんじゃ部


第38回 かぶき 2007/9/4 tue ★★

謎の水つきのもんじゃ屋
e0047649_18162966.jpg



鉄板は真四角。
調味料入れがテーブルとは別の台に乗っている分離型。

固かったら入れる、謎の水
すもんを注文すると、水が一緒についてきた。
「これは、一体どうすればいいのですか?」と聞くと、
「もんじゃが固かったら入れて」とのことだった。
なので相当固いもんじゃが出来上がるのかと思いきや、
まろやかタイプで、逆にいつまでたってもやわらかい。
ここに水を入れたら一体どんなゆるいもんじゃになってしまうのか
と思うのだけど。
油はゴマ油だ。しかし出過ぎる。
いつもより桜エビが赤い。
切りイカがたっぷり入っている。これがツナのような味をかもし出している。
焼きが進んでも味が変わらない。

文字屋のようなネギ天
はやっしー、ナオヤ混ぜに挑戦。
「ナオヤ混ぜは、具が落ちても気にしない豪快さがある」とのこと。
確かに。そこに女神の男らしさが出ている。
ネギ天は、小さめだ。
これに合わせて、「弁慶が小さいから」とメモにコメントが書いてあるのだが、
一方「牛若×牛若」と書いてある。
思い出せなくて恐縮ですが、小さい弁慶だったのか、牛若が更に小さめだったのか?

焼くと、ネギのいい香りがする。期待が高まる。
味は、全体的にやさしいかんじだ。
朝食みたいな味がする。つなぎをあまり感じない。
これは、何かににている。
卵焼きに近い・・そうだ。文字屋だ!。
このお好みには、ウスターまたは普通のソースが合う。
しょうゆをかけると、おかずっぽくなる。

超うすかわ饅頭風のクロンボ
コップみたいな形の入れ物に入ってやってくる。
味があまりない。むしぱんみたい。
白みつをかけても・・・やっぱり味が無い。
超うすかわ饅頭っぽい。
後半で、惜しむように食べて、深さを探る。
もちもち&ホットケーキっぽいことが分かる。
案外、ふたりの好みを両方取り入れているものだったのかもしれない。
意外と深い。

この店は、出だしのすもんは良かったので、三ツ星か?
と思われたのだが、
天、あんこまきと進むにつれてだんだん下がっていったので、
総合評価は星二つとする。

というわけで、もう一軒!


【メモ】
牛若×牛若

【参加者】
やがたん
はやっしー

【本日の教訓】
 ●


【本日の注文】
 1.すもん
 2.ネギ天
 3.クロンボ

 飲み物
  瓶ビール(アサヒ熟撰)

 合計:\2,400

----------------------------------------
かぶき
 月島1-6-11
 TEL:03-3531-6721
17:00~22:00
土日11:00~13:30、17:00~22:00
----------------------------------------
e0047649_18155260.jpg

[PR]
by monjyabu | 2007-09-04 18:14 | ★★

<< 第39回 ATARU 2007...      第37回 みその 2007/3... >>

もんじゃを食べまくり、もんじゃの真髄を追求する,部活
by monjyabu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31